芙蓉に想う

今日は母の命日。あれから12年。
実家にほど近い東京の広尾病院、暑い日でした。
通夜・告別式も真夏の真っ盛り、喪服が暑さを倍増するような日でしたが200人近い方々が野辺の送りに参加して下さり、喪主としては感謝感激、恐縮至極、母の生きてきた時代をしみじみ考えさせられました。
その後の7回忌は東京・田園調布教会で追悼ミサを挙げ、近しい身内の人たちと母を偲ぶ集いを持ったのですが、この時ミサの司式は、私の中高のクラスメートで現明星学園理事長の坪光師にお願いしました。
大阪からご足労頂いたわけですが、やはり心からの追悼になったことを皆うれしく思いました。
その彼を中心に、親しくおつき合いのある方々が、明日わが家に参集してくださるとのこと。
もちろん庭でバーベキュー、三田肉をつつきながら大いに歓談したい。
しかしそれにしても庭の掃除は大変です。
その庭で今咲き誇っているのは芙蓉。
亡き母が好きだった花のひとつです。
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0